VRCOヘッダー.jpg

Royal Custom Order
​セミ・ハンドメイドオーダー

贅沢な付属資材を使い、たっぷりと時間をかけて縫い上げる。

全工程の内、60%の工程をハンドメイドとした、着やすくて着崩れしない服。

​心地よい着用感を重視した、セミハンドオーダーメイドクラス。

Total number of processes

スーツ上下換算 及び 投入から完成まで

通常 カスタムオーダー 全358工程数 100%マシーンオーダー

    ▶ロイヤルカスタムオーダー    全456工程数 60%ハンドメイド

プラス98工程の専用ラインを、

​全体の7.6%に当たる約8名の専属オペレーターによって縫製されています。

Aging time

アイロンにより生地を膨らませたり曲げたりして、

身体の曲線のラインに沿うよう立体的に形成された生地の熱を、

ゆっくりと自然に冷ましていき馴染ませることで、

生地に余計な負荷がかからず、より美しい丸みを帯びた洋服が仕上がります。

通常 カスタムオーダー 約144時間

▶ロイヤルカスタムオーダー 約240時間

プラス100時間のエイジングタイムを確保しています。

VRCO手縫い.png

​手縫いの主要工程は、衿・肩・胸仕上げ・背仕上げなどが手縫いになります。

VRCOアイロン.png

​職人のアイロンワークによる入念なクセ取り。

VRCO手縫い2.png

​エイジングタイムを十分にとり、生地をリラックスさせて手縫い工程に入ります。

vco.jpg

満足感が得られる服の基本条件

服の仕上がりを大きく左右する、目には見えない副素材へのこだわり。フラットな織物の特性を最大限に活かし、身体に沿って丸みをつけるため、専用の柔らかな毛芯と手縫いによる柔らかな縫い目で立体的な縫製を行います。

​丸みを帯びた服は着用時に首元のカーブに自然と衿元が吸いついて行きます。また肩に沿った曲線が加重を分散する効果もあり、非常に軽い着用感と動きやすさが生まれます。